米国Amazonで買いまくる

5. 米Amazonサイトで商品を買おう ※ポチり編

見分け方は慣れれば日Amazonと同一だと気付くはず。

ここでは例として EVGA GTX 980Ti KINGPIN を選んでいる。

“Price $799.99″の右隣、よく読むと「+$85.19 で日本に輸送しまっせ」と書いてある。
そしてその下、”Ships from and sold by Amazon.com”と書かれていれば
その商品ページは、米Amazonによる販売・発送だと分かる。

この場合、右の”Add to Cart”を選べば米Amazon販売の商品として購入できる。

amazon015-02

これ以外にも、たとえば GTX 980 Ti SC+ ACX2.0 w/BP という商品を選んでみる。

ちなみに SC (Super Clocked版) の価格は $600。

価格や時期によってマケプレ出品ページが先頭に来ており、
上記の米Amazon販売・発送の項目が記載されていないケースに出くわすこともある。

しかし、だ。

まだあわてるような時間じゃない。

商品バリエーションの下。
“69 new from $600.00” と書いてある。
「69個の新品製品があるよ、最安値は600ドルだよ」という。

この部分がリンクになっており、出品者を選べるって寸法。

amazon016-02

ということで、上記”69 new”をクリックしたのが次の画面。
最安値$600 と次点$603.74 の商品は、いずれもマケプレ出品。

送料を含めたトータルでは、米Amazon発送が安くなるケースが多いので
ここでは第3位の米Amazon出品を選びたい。

そのため”Add to cart”ボタンも上から3つ目を押すことになる。

amazon020

これで改めて、カートの中身をチェック。
不要なものが入っている場合は、ここで”Cart”ボタンを押し、不要な商品を削除する。

削除は”Delete”というボタンを押すだけ。

amazon017-02

そしてようやく、念願の最終購入画面へ。

最初に入力した配送先住所、クレジット情報が表示されていればOK。

そして画面右側には、”Place your order in JPY” を押せばポチ完了となる。

そのオレンジボタンのすぐ下には厳密な見積もり額も表示されている。
さらにその下”Selected payment currency”が”JPY”になっているので全て円表記。
“USD”にすれば全てドル表記となる。

この執筆時点で為替レートは、109.93円/ドル
両替手数料を含めて決済レートは、113.67円/ドル

およそ3.5%ほどが手数料として上乗せされる。

Items 商品価格 上記決済レートで計算された額
Shipping & handling いわゆる国際送料
Import Fees Deposit なんだコレ高えな!と思われがちだが、「かかるかも知れない関税をあらかじめ取っておくね」という額
グラボ1枚ならせいぜい0~1,500円ほどなので差額は後日返金される。

ということでトータル決済額は、関税デポも合わせて77,886円

amazon018

米Amazonでのグラボ購入指南は以上。

米国$614 の商品を米Amazon発送にすると日本円でおよそ78,000円。
関税デポの差額返金を想定すれば約74,000円ほどか。

数日後にやってくる GTX1080 や GTX1070 の国内販売価格次第では
米Amazonで個人輸入に挑戦しちゃる!という方の手助けになれば幸いである。

ひとつ断っておくとすれば、
日本の正規輸入代理店を卑下するわけでも不買運動を主張したいわけでもない。

EVGA製のメーカー保証3年を同額かそれ以下で購入したい人の、
もう一つの選択肢になるならという目的でしかない。