木人をしばく FF14ARR 召喚士REP検証

■2014年5月2日検証 同日執筆

今回はホットチリソースなレビューではございません。
新生ファイナルファンタジーXIV (以下、FF14)Patch 2.2における検証を実施。

ことさら「召喚士の火力はナンバーワン」と言われて久しい。
REP  –いわゆるログ解析ツール–  を用いた数値化が盛んになりつつある。
その折、ツールによる誤差が目立ち、中にはダメージ総量が少ないと言われることも。

そこで、実際のダメージ算出量とREPとの誤差について限りなく正確に算出してみた。

※追記1 (2014/5/24)
2014年5月時点で、公式見解によりREPツールは
外部解析ツールとして規約違反と見なされております。

使用は控えられるようお願い致します。

なお、2014年 5/24 放送のプロデューサーライブレターにおいて言及あり。
「開発の立場からは『使用しないでほしい』と言わざるを得ない」とのこと。

※追記2 (2014/5/30)
コメントにてREP計測時間に誤りがあるとのご指摘を受け、全て計測し直しました。
DoT以外のアクションを起こしていないと計測が途切れてしまっておりました。
前述の計測値をご覧になった方々に、まずはお詫び申し上げます。
ならびにご指摘を下さった方、ありがとうございます。

召喚士スペック

装備云々ではなく、ステータス。

種族 ハイランダー♀
STR 184 攻撃魔法威力 521
DEX 202 回復魔法威力 161
VIT 386 スペルスピード 368
INT 521 命中力 471
MND 161 クリティカル発動力 504
PIE 209 意思力 313

平均アイテムレベル96、
使役するエギはガルーダ。

検証方法は以下の手順とする。

検証手順

検証方法とそのツールのご紹介。

使用ツール 1. Advanced Combat Tracker Ver:3.1.5 (以下、A.C.T)
2. Bancicam Ver:1.9.1.419
検証の内容 1.DoTそのものの誤差について
2.コンテージョンによるDoT延長について
3.重ねがけによるDoT延長について
4.ベインによる複数体DoTについて
5.実践的な「60sec」での誤差について

Bandicamでは録画を行う。

実際に表示される各種DoT値を目視確認、誤差を確認するためである。

検証データその1:REPのDoTダメージは適切か

まずは、1つ目 「DoTダメージの誤差」を調べた。
それが下記の 検証 Report #1 である。

検証Report #01 オートアタック計 ミアズマ初撃 DoTダメージ 総ダメージ
目視確認 582 54 99,105,151,103,
106,104,105,97
636+870
A.C.T 582 54 94,94,141,94,
94,94,94,94
636+799

今度は計測ミスが無いよう、DoTが全て終了するまでオートアタックを続けた。

ミアズマのみの差異について、目視の数値870を100%とすると、91.8%分の計上となる。
前回計測時、DoT値85から94にUPされており、アップデートで誤差も減っているのかも?
また、いずれも3回目のDoT値でクリティカルが発生しているが、これは偶然の一致。

REP001A
ミアズマ1回計測

 

検証データその2 : DoTダメージの延長はどうか

次に、ガルーダ・エギによるコンテージョンを試す。
これはDoT効果15秒延長による差異を調べるのが目的である。

先ほどと同様ミアズマに、+15秒延長 とした。

検証Report #02 オートアタック計 ミアズマ初撃 ミアズマDoT+15秒延長 総ダメージ
目視確認 964 54 98,99,101,156,101,103,97,
106,99,99,147,102,156
1018+1464
A.C.T 964 54 94×14回 1018+1316

微量に差が拡がり、目視による実測値と比較して89.8%の計上にとどまった。
これは、実測側で3回クリティカルが発生しているにも関わらず、
ACT上でノーカウントであった故と推測できる。

DoTの回数は全て正常でございました。

ミアズマ+コンテージョン
ミアズマ+コンテージョン

 

検証データその3 : DoTダメージの重ねがけはどうか

では、次に「重ねがけ」について見てみる。

これは、「もしDoT終了前に同じDoTを重ねて延長させたらどうか」を調べるためである。
コンテージョン時とほぼ同じ回数にし、かつ現実的な重ねがけ秒数として
ミアズマDoT残12秒のところで、再度ミアズマとした。

検証Report #03 オートアタック計 ミアズマ初撃×2回 ミアズマDoT+残12秒で再DoT 総ダメージ
目視確認 1056 57+55 102,98,146,99,103,105,104,98,103,98,159,97,95 1168+1407
A.C.T 1056 112 96×12回,144×1回 1168+1296

こちらも回数に差異なし。
面目ございません・・・

ちなみにDoT値のみの差異は実測比92.1%
何故かDoT値が96に上方修正されている・・・謎である。
この数値も微弱に変動させているようだ。

ミアズマの2回がけ
ミアズマの2回がけ

 

検証データその4 : ベインによるDoT拡散は反映するか

REP image 002

ここではミアズマ後、残り秒数が半分の12秒の段階でベイン拡散。
これは開始・終了時刻に違いがあるため、どれほど誤差が出るかを見るためである。

検証Report #04 オートアタック計 ミアズマ初撃 DoT 総ダメージ
目視確認 691 57 対象A: 104,97,102,101,99,145,147,104
対象B: 98,105,147,101
748+1350
A.C.T 691 57 96×11回,144×1回 748+1200

いよいよクリティカルの回数が多くなり、こちらに至っては実測比88.8%
どうも、ACTの性質上、DoTの回数が増えれば増えるほど、
実際のクリティカルヒットをノーマル計上してしまう故に差が拡がっているように感じる。

ミアズマ+ベイン
ミアズマ+ベイン

検証データその4:実践的に計測するとどうか

REP image 001

では、最後に実践検証を行った結果を記す。
ここで私は「60秒ルール」を提唱したいと考える。

・1分間、木人1体でスキルを回す (2体ルールでも可)
※ただし60秒を超えたDoT値も換算する
・クスリは使用しない

今回の検証しなおしで、「重ねがけやコンテージョンの回数に違いはない」ことが分かったので
通常戦闘と変わりなく、木人1体を1分間しばいてみた。

これ以上の時間計測は目視確認の労力が釣り合わないため断念した。

検証Report #05 非DoTダメージ DoTダメージ DoTダメージ 小計 総ダメージ
目視確認 7679 3DOT系:248,200,242,337,400,375,424,363,
438,433,361,366,359,444,405,353,
410,387,394,381,204,169,151
シャドウフレア:133,121,86,80,80,86,85,84,127,
89,70,72,67,74,67,72,70,67,106,101
3DoT+ミアズラ: 7844
シャドウフレア: 1737
7679+9581
A.C.T 7679 3DoT: 7167
シャドウフレア:1745
ミアズラ: 175
9087 7679+9087

差異は94.8%と、これまでで最も縮まった。
シャドウフレアに至ってはほとんど誤差なしと言っても過言ではない。

1分計測
1分計測

 結果と考察、留意点

いやはや、とんだ失敗をやらかしました。
ACTの回数が減っていたのは、筆者の設定ミスであった事を今一度お詫び申し上げたい。

結果、DoTダメージにおいて5~11%ほどの狂いが出るものの、
おおよそ近似であると言える。

ポイントは「クリティカルヒット回数によるブレ」と考えられる。

ACTが、ある一定の確率でクリティカル値を計上しているだけのようなので
もしかするとクリティカル発動力の値によっては、
「ACTと逆転現象が起きるかも知れない」懸念も生じた。

 

いずれにせよ、私はREP至上主義は危険であることを改めて申し上げたい。
運営の言う通り「数値が出ていないから悪 !」という短絡思考は恥ずべきであるからだ。

邂逅4層のように大量Mobの発生パターンや、
イレギュラーなリザレク、
侵攻2層のようにキャスター超テクニカルパターンも存在する。

さりとて、召喚士がそれを言い訳にしてはならない。
誤差があっても数値上TOPを取れるくらい、鍛錬は積んで欲しい。